美味しいうどんの茹で方

茹で時間の目安(麺を鍋に入れた時点より)
主な調理方法
(メニュー)
細切り麺
(夏季限定)
並切り麺 太切り麺
(冬季限定)
極太麺
(冬季限定)
釜上げうどん・煮込みうどん 3~4分 6~7分 10~12分 15~18分
鍋用うどん 不向き 6~7分 10~12分 12~15分
かけうどん・温ぶっかけうどん 3~5分 7~8分 13~15分 17~20分
ざるうどん・冷やしうどん・冷ぶっかけうどん 4~6分 9~10分 14~16分 19~22分

手順 写真 ポイント
番号1
矢印下
大きな鍋に水を入れ、
 沸騰させます。
写真手順1 ・水の量はうどんの10倍
お勧めいたします。
・直径20㎝の両手鍋は
150gのうどんまでと
なります。
番号2
矢印下
●沸騰させたお湯に適量の
うどん
を入れます。
(ここから時間を計る)
写真手順2 ・すぐには箸で混ぜると、短く切れる場合があります。
番号3
矢印下
●1分くらいすると、うどんが
 浮き上がってきます。
(強火のまま)
写真手順3 ・浮き上がるのに時間が
かかる場合は火力が弱いことが
あります。
・箸でかるくほぐしてください。
(うどんがくっつくのを避ける為)
番号4

矢印下

●約3~4分過ぎると 再び
お湯が沸騰し、うどんが
少し柔らかくなったら箸で
かるくほぐします。

●鍋の中でうどんがぐるぐる
回る
程度の強さの火加減に
調整してください。

写真手順4
写真手順5
・お湯が吹きこぼれないように
ご注意ください。
・箸で強くかき混ぜません。
(麺が切れるのを防ぐ為)

・火が弱すぎるとうどんが
ぐるぐる回らず芯が残る
場合があります。

番号5 ●出来上がったうどんを鍋から
引き上げて水の中でゴシゴ
シ洗いヌメリをとりザルにあげ
ます。(釜上げうどん以外)
写真手順6 ・水は流しながら洗います。
3回ぐらい水を替えてもみ洗い
します。
※塩辛く感じたら、もう2~3回
水洗いの回数を増やします。

《釜上げうどんの場合》… 少し早めに鍋から出して、水洗いせずに器に盛ります。
《ざるうどんの場合》… 水洗いしたうどんの水気を十分切って、ざるに盛ります。
《かけうどんの場合》… 新しい湯の中で湯通しして器に盛ります。その上に具材をのせ、かけつゆをかけます。

※つゆが濁る場合は、水洗いが足りないのが原因の可能性が高いです。

▼ 讃岐うどんの美味しい茹で方の動画はこちら ▼

※音が出ますので、音声にご注意ください。